drsuzuki1100

suzuki_theman

もしあなたがどこかでスリップマットを見たならば、それはおそらくDr. Suzukiによって作られたものだろう。

1975年より、Dr. Suzuki氏は数多くのスリップマット開発に携わってきた。
(実はそれ以前よりTechnics SL-1200シリーズ付属のラバーマットを手掛けている。)

その卓越した技術と長年の経験を活かし最高のスリップマットを誕生させ、今日ではDr. Suzukiブランドのスリップマットは世界中で愛用されている。

品質に徹底的にこだわり、よりよい製品を生み出すために研鑽を怠らないその姿勢は、日本の古き良き職人の姿そのものである。

D-STYLES

世界トップレベルのターンテーブリストD-StylesとDr. Suzukiが邂逅を果たし、全てが始まった。

Dr. Suzukiブランドは2000年代初頭に産声をあげる。

D-Stylesは当時市場で販売されていたスリップマットに満足しておらず、オリジナルのスリップマットを製作しようとしていた。
そこでstokyoは、D-StylesとDr. Suzukiの両者を引き合わせ、スリップマットの製作を企画。

2人は邂逅を果たした後、すぐに製作に乗り出すこととなった。

長きにわたって試行錯誤を重ねた結果、世界中で愛用されるまでになるスリップマットが誕生した。

Dr. Suzukiの技術とD-Stylesの妥協無きこだわりから生まれたスリップマットは常に進化を続け、その意思は最新バージョン「skratch」へ受け継がれている。

その後、スクラッチやビートジャグリングに特化したTable Clothに対して、DJミックスに特化したMix Edition、7インチスリップマットなども開発され、Dr. Suzukiブランドは多彩なラインナップを取り揃える唯一無二のスリップマットブランドへと成長した。
勿論、Dr. Suzukiブランドのスリップマットは、スリップマット製造において利用される技術の中でも最高の技術を用いて開発、製造されている。

最高のスリップマットを作るために30年間にわたって心血を注いできた真の職人Dr. Suzukiは、これからも私達に製品を通じて本物の職人魂を見せてくれるだろう。

suzuki_face